製品カタログ

PRODUCT SEARCH

SEARCH

ROV/AUV

SRS社FUSION/ROV・AUVハイブリッド水中自律潜行探査機

SRS FUSION

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
  • 1

    SRSフュージョン

  • 2

    搭載センサ

  • 3

    ソフトウェア画面構成

  • 4

    ミッション作成

  • 5

    マニュピレーター

  • 6

    ブラック(ミリタリー向け)

  • 7

    コントローラー画面(データ再生)

  • 8

    オプション搭載(マニュピレーター)

  • 9

    AUVモード(自動航行)

  • 10

    ROVモード(有線操縦)

  • 11

    コントローラー

~これが本物の水中ドローン 自律航行の幕開け~

 誰もが安心してROVを使える時代。それは水中測位性能に回答はあります。しかしながら単にROVの水中位置がわかるだけでは常に特殊性や即時性の高いミッションを求められる現場では操縦者であるパイロットの能力に依存され続ける事となり、旧来からのROVの課題である「移動線を見失う」ことへの解決までには達しません。FUSIONは、2つの大きなミッションとして「その場へ行くこと、その場に留まること」を卓越した位置測位性能にて実現します。実現の為に必須な機能は「姿勢制御、水中測位」の2つです。ユーザーは意識せずともそれら機能を直感的な操作の中で実感することができます。またFUSION本体の形状は、潮流からの姿勢への影響を軽減する為、流線型のデザインとなっており、同様に搭載センサやケーブル等も極力潮流からの抵抗を受けない様な配置がされています。

 FUSIONの構成は3つです。本体&リール&ジョイスティック付きタブレットです。いずれもバッテリー駆動で別途、大型な船上システム等は必要ありません。よって小型ボートでの運用が可能であり、最小2名での投入、操作、回収をおこなうことが出来ます。操作はジョイスティックによるマニュアル走行とミッションファイルによる自律潜行の2種類です。

 ミッションの作成は直感的にかつ、複雑で自由度の高い測線を作り込む事ができます。ミッション作成後は、投入から開始までシームレスな作業と操作で行えます。データはタブレット内に保存され、個別センサの出力機能やIN/OUTのデータ管理はもとより、新たなハードウエアの追加や操作性改善など、将来の改善に柔軟にお応えすることが可能です。

仕 様

・耐圧水深:最大300m
・自律航行
・リアルタイム表示(本体位置、SSS、FLS、VIDEO)
・地図上へのマーキング登録と登録データの出力

・性能詳細はお問い合わせ下さい。

・デモンストレーションのご希望承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。

・米海軍ほか各国軍採用開始しました。